たまには澤田もエンターテイナー

ノンフィクションライター澤田が、このブログではエンターテイナーになった気でいろいろ振る舞います。

「物書きになりたい症候群」が悪化すると「自然派ママ」に

ワクチンや抗生物質は「製薬会社の陰謀で生み出された産物」、市販されている食品は「着色料だらけで身体に毒」、麻疹に感染したら「他の子にも感染させて免疫力を高める」。書くだけで頭がクラクラするんだけど、そういう「自然派育児」がInstagramでも一大勢力を築いている。

徹底的に自然にこだわる割には、スマホやネットというナチュラルと程遠い現代の利器は絶対に手放さない。ブログも毎日更新する。挙句の果てには、アレルギーで顔が真っ赤に腫れた己の子供の顔写真をそのままInstagramに上げて「食物アレルギーの恐ろしさ」みたいなことを語り出す。子供から見れば、親のSNSに自分の顔を勝手に上げられたっつーことだぞ。

承認欲求というものは、それに自覚してコントロールしなければ必ず暴走する。

この前書いた記事で、澤田は「物書きになりたい症候群」というものがこの世に存在すると言った。ところが、物書き志願者の9割9分が己のフェイバリットを持ってない。

だから、子供をそのフェイバリットに仕立てる。けれど「子持ちの親」なんて、この地球上に何億と存在する。だから「唯一無二のフェイバリット」を確立するために「特別な子」を養成しようとする。

すべてはInstagramのフォロワーを増やしたり、ブログの読者を満足させるためだけに。

mess-y.com

ところが、「自然派育児」をしたところで世界にひとりしかいない子供を育てることなんかできない。だって、物書きになりたい症候群の母親は大勢いるんだから。「考えることは皆同じ」という言葉は真理だと思う。

すると「自然派ママ」の一部は極左化する。並の自然派ママですら引くようなことを考え出し、実行する。麻疹感染パーティーなんてのはそのひとつだ。けれど、この段階に及んでもPCとスマホは手放さない。

詐欺師の仕事は、極右と極左の荒ぶる心をなだめておだてて高額商品購入の道へ誘導することだ。彼らは重度の物書きになりたい症候群の患者なんだから、その心理を操るのは極めて簡単。自民党マルチ商法業者のジャパンライフがつながってたようにね。

だから「Instagram」と「自然派育児」という点をターゲットにすれば、若年層の女性からなけなしの貯金をせしめてやるのは難しいことじゃないと思うんだ。

「クレジットカードが作れないからキャッシュレス決済とは縁がない」というとんでもない誤解

今日のNHKニュース9のトップは、消費増税について。

そこからポイント還元の話になり、最終的にはキャッシュレス決済の話になった。それに対して街の人にマイクを向ける毎度お馴染みの場面があったんだけど、

「自分は定職がないからクレジットカードを作れない。だから(キャッシュレス決済化)は困る」

と話す高齢者がいた。

で、澤田がすごく気になったのは、有馬アナも上原アナもこの人の言葉が誤解に基づくものだということに一切気付かないという点だ。番組は一般市民の誤解を指摘することができなかった。これは大変なことだ。

電子マネーとは何か? それは、クレジットカードに頼らない決済手段だ。

クレジットカードを作れない人や、そもそもクレカが嫌いな人に向けたのが電子マネーだったはずだ。この表現は、ちょっと極論かな?

けれど、インドネシアが何でフィンテック構築にあれだけ熱心かってーと、国民の半分がクレジットカードどころか銀行口座すら持ってないからだ。今じゃ銀行が銀行口座を必要としない電子マネープラットフォームを作るほど、この国はキャッシュレス化が進んでいる。そのことを澤田は記事に書いて、UZUREA.NETで配信した。

 「クレジットカードがないからキャッシュレス決済とは縁がない」という誤解を、NHKですらも訂正してやれないことが問題だ。

実際は「クレジットカードがないからこそ電子マネーを利用する」わけで、現にSuicaはクレカが必要か?

「年寄りは電子マネーを使わない」と話す高齢者もいた。それじゃあ、かつてこの人も使ってたはずのテレホンカード、あれは平たく言えば電子マネーの元祖じゃないのか?

マスコミの役割のひとつ、それは「市民の抱いている根拠のない誤解を解く」ことだ。その角度から今夜のニュース9を見ると、仕事を果たしてるとはとても思えなんだ。

ガジェットライターはココに気をつける:恐怖の一般家庭用火炎放射器XM42

2015年に日本でもベラボーな話題になったXM42。世界初の一般家庭用火炎放射器っつーことで、クラウドファンディング「Indiegogo」に出された。

youtu.be

いや、まあ、その、何だ、これは当たり前なんだけど、さすがにこのテのものは「今出資するとお買い得!」なんて日本のメディアで書けねぇんだよなぁ。実際、火炎放射器を自作してそれを公園でぶっ放してお縄になった奴もいたしね。

そんでもってこのXM42、去年新型モデルが出てるんだ。それについては澤田も記事に書いた。

nlab.itmedia.co.jp

結構バズったね、案の定。いや、だからって個人輸入するなよ!?

このあたりも、ちゃんと文中に書いている。

ちなみに火炎放射器の所有はアメリカのほとんどの州で合法的ですが、日本の法律では認められていないのでご注意を!

f:id:vascodagama38:20181014153608j:plain

前回のトランシーバーと一緒で、日本じゃ御用になっちまう製品はちゃんとライターが注意喚起しねぇとダメだ。さっき書いた火炎放射器を自作して逮捕された奴なんだけど、あいつは恐らく、ていうか間違いなく、XM42に影響されて自分で作ってみようっつー考えになっちまったと思うんだ。
で、その情報源は澤田も含めたWeb物書きが手がけた日本語の記事。残念なことだけれど、記事の内容を曲解する奴が一定数いるのは事実なんだ。我々はあくまでも「そういう製品が存在する」という事実を伝えているのであって、「それを買って公園でぶっ放そうぜヒャッハー!」だなんて書いてない。
澤田オフィスは安全モットー。それを厳守するため、危ない製品に関しては文中でしつこく注意喚起をさせてもらうつもりだ。

澤田が「生理用ナプキン問題」の記事を書いた理由

IDEAS FOR GOODで、澤田はこんな記事を書いた。

ideasforgood.jp

11日に34歳になった野郎がこういう記事を書くのは、おかしいかな? いや、澤田自身は全然おかしくはないと思ってるけどね。

日本人にとって、地震っつーのは殆ど宿命みたいなもんじゃない? これはね、他の国に移住しない限りは嫌でも避けられないものだよ。ただ、前から気になってたんだけど避難所で生理が始まったらどうするんだって。

澤田は男で、生理というものを自分で体験することは一生涯ないから、余計に気になるんだ。

それを「デリケートな問題」と言って伏せておくのは簡単だよ。ただ、どこかで誰かが声を上げないと、この「生理用ナプキン問題」は大抵の男が気付かずにそのまま放置されるんじゃねぇかと思う。

そういう視点から見ると、「執政者が全員男」という環境はかなり危うい。いや、これは別に政治批判を意図してるわけじゃないからね。

youtu.be

www.instagram.com

もし自分が平均月収100ドルの国に住んでいたら、まず何を買うか?

少なくとも、生理用品なんて買うことは絶対にない。日々の食料と光熱費、家賃、子供の学費、それで精一杯だろうね。そのことはインドネシアという国で骨の髄まで学んだつもりだ。

ただ、これは逆説的なんだけど、もし何とか生理用品を手に入れることができたら結果的に感染症のリスクが下がって、それが貧困スパイラルからの脱却につながるんじゃないか?

生活に余裕がない→生理用品が買えない→家族が感染症に→病院の診察代がのしかかる→生活に余裕がない

この悪循環をどこかで変える必要がある。記事でも書いたけど、気軽に病院へ行って抗生物質を点滴してもらえる国は世界広しと言えど日本か北欧諸国くらいだ。

だからこのナプキン問題は、突き詰めれば医療問題なんだよ。その厄介な問題に自分の筆が多少でも貢献できるってぇのなら、これほど嬉しいことはない。

『男はつらいよ』は、多分今の若い子にはウケない

男はつらいよ』は、テキ屋稼業の車寅次郎という男が主人公だ。

寅さんは日本中を旅している。定職に就こうと考えたことはあるけれど、結局就職できずにまたフーテンの寅に戻る。そうして日本中をぐるぐる周り、その旅先で恋をする。

問題は、劇中の寅さんは柴又の人々から「定職に就かないヤクザ者」と認識されていることだ。ちょっと言い過ぎかな? けれど妹のさくらはそうは考えてないとしても、おいちゃんとおばちゃん、あとタコ社長は「寅はカタギじゃない」という考え方だ。

このあたりが、昔と今の発想の違いだ。

もし今、寅さんのような人間がいたら間違いなく人気者になる。それこそスーパーボランティアの尾畠さんのように。WebライターもYouTuberも寅さんを追い駆けるはずだ。無理やり寅さんに取材しようとするライターも現れるかもしれない。

祭りで屋台を出したら、女の子にスマホのカメラで撮影されるんじゃないか。「寅さん見つけた」みたいな感じでTwitterに書かれちまうと思う。

つまり、「定職に就かないフーテン=ロクデナシ、ヤクザ者=あんな人間になっちゃダメ」という昔の発想はもう通用しないっつーことだ。むしろ「定職に就くよりリスク覚悟で自分の好きな生き方を貫く」ほうが今じゃ評価される。

だから今の若い子は、寅さんには大いに共感するけれど彼の家族はあまりに理解のない連中だと捉えるんじゃなかろうか。

寅さんと柴又の実家の間にあった絶妙な距離感は、今の時代では成立しない。

寅さんの生き方に何となく憧れる素振りを見せていた満男は、結局就職した。自分が「寅さん」にならなかった。いや、そうなる前に渥美清が亡くなったということもあるのかもしれない。けれど、もし満男が現代の20代だったら、宮仕えを辞めて寅さんと同じフーテンになる可能性は十分にある。ただし稼業は現代に即したリモートワーカー、言い換えればノマドとして働きながら旅をするという形になるんじゃないか。そういう人、澤田の知り合いにもいる。

男はつらいよ』の新作が来年公開されるそうだ。

山田洋次監督が「昔のままの寅さん(というより柴又の人々)」を現代に無理やり移植するような映画を作っていたとしたら、多分失敗する。渥美清が生きていた頃と今とでは、大衆の意識が全然違うということを山田監督は理解するべきだ。

まあでも、そんなことは重々承知なんだろうな。澤田の予想は、寅さんじゃなく吉岡秀隆演じる満男が事実上の主役になるんじゃないかと思う。だって、そういうシナリオのほうが自然だもんね。

ガジェットライターはココに気をつける:クラウドファンディングと電波法

澤田はクラウドファンディングに出展された製品に関する記事を、よく書いている。

その中で必ず気をつけることがある。それは「自分は日本人」だということ。

別に愛国心を煽る記事を書くっつー訳じゃない。日本にいて日本語で記事を書いている以上、日本の法律を遵守しなきゃまずいことになるっつーことだ。

澤田はノンフィクションライター、言い換えればジャーナリストだから、事実についてはそのまま書く。けれど、その対象が日本の法律に適合しているかどうかということは絶対に触れないといけない。

たとえば、Indiegogoに出たこの製品。

www.indiegogo.com

スマホをオフライン環境下でも使えるようにするっつーものなんだけど、つまりはBluetooth接続のトランシーバーだ。使用周波数は462MHz帯。

アメリカではこのバンドのトランシーバーは珍しくねぇんだけど、日本だと放送局にしか割り当てられてない周波数だ。このPowerTalkieなるものを日本で使用したら、検挙されちまう。放送電波に混信する可能性もある。

「そういう製品が出てきた」っつーのは揺るぎない事実だから書くんだけど、本当にそれだけでいいのか? 中にはアチラの製品を無邪気に絶賛してるガジェットライターもいる。それに疑問を感じたから、澤田は科学知識もないくせにテクノロジー分野の物書きになった。

で、「これは日本では違法ですよ」という文言はIndiegogoのページには一言も書かれていない。当たり前だ。これはアメリカの企業が作ったものなんだから。ところが、開発者は「全世界に配送可能」としている。金さえ出せば日本在住の人間が個人輸入することも可能だ。

だから、我々物書きがそれを見越して注意喚起してやらないといけないんだよ。それをしないと、のちのちとんでもねぇ事故が必ず起こるからね。

vimeo.com

「物書きになりたい症候群」の恐ろしさ

この世には「物書きになりたい症候群」というのがある。

何も存在しないところから、ただ紙に自分の好きな文章を書いただけでそれが銭に化ける。その瞬間を目の当たりにしたら、物書きになりたい症候群に感染するのも無理はないかもしれない。

しかも、物書きにはいい意味でアカデミックなイメージがある。格好良い仕事で大金を取ることができる。そのあたり、小学生の女の子がアイドルに憧れる心理に若干似ているかもしれない。

ところが、いざ個人ブログに何か記事を書こうと思うと、実は特に書けるものがないことに気づく。たとえば澤田は、クラウドファンディングに出てきた製品とかインドネシアのスタートアップとか社会貢献事業とかガジェットのレビュー記事とかを書いている。言い換えれば、自分にはフェイバリットがある。このフェイバリットを開発するのに、それ相応の時間がかかった。英語もインドネシア語も読めなきゃだからね。

断言するけれど、物書き志願者の9割9分9厘はフェイバリットを持ってない。

だから、己の信じる政治的主張を書く方向に舵を切る。これなら猿だってできる。「自分が好きな食べ物」について書くのとまったく同じだからだ。

左右の違いに限らず、ブログやSNSで政治的アジテーションを繰り返す無名の個人は脳ミソのどこかに「自分の文章がいつかカネにならないかな」という金銭欲がある。物書きで成功すれば大富豪になれるとかそういうものじゃなく、あわよくば月1万円くらいの臨時収入を得られるだろうという「ちょっとした皮算用」だ。けれど、そういうみみっちい欲ほど粘着質でしぶといものはない。

 

澤田の物書きの師匠、小野勝也博士は有名な保守論壇の人でもある。

正真正銘の「保守」だった。まず、あらゆる差別を全否定する。「あいつは中国人だから」という理由で生徒を差別するようなことは絶対にない。そもそも、小野博士は80年代に蘇州大学で教鞭を取っていた人だ。今、この大学で日本語学科の学長をやってる朱建明先生は小野博士の当時の教え子。

そういう人だから、何事においてもバランス感覚に優れてる。朝日新聞産経新聞を両方購読してるほどだ。

今考えると、澤田の人生の中で初めて「君は物書きになりなさい」と言ってくれたのが小野博士だった。

そして勧めてくれたのが、この本。

文章の書き方 (岩波新書)

文章の書き方 (岩波新書)

 

初版が1994年なんだけど、今に至るまで版を重ねてる名著だ。

この中で「紋切型の表現を避ける」という項目がある。引用させてもらうと、

新しい汚職事件が発生すると「衝撃が日本列島を走り抜け」、人びとはその「大胆な手口」に「怒りをあらわ」にし、「癒着の構造」に「捜査のメス」が入って「政界浄化」が実ることを期待します 。

カッコ付けの部分が紋切型の表現っつーやつで、これは今でもよく聞くコピペ文だ。

2010年代はコピペ文に溢れてる。しかも、そのコピペ文を使ってる当人が「コピペ文を使っている自覚」がないという状態だ。「歴史の真実」、「マスコミが伝えない真実」、「思考停止」、「普通の日本人」。このあたりはネットで政治思想を叫ぶには何かと都合のいい紋切型表現だ。他にもいろいろあるけどね。

紋切型表現=コピペ文は、一種の呪縛でもある。物書きになりたい症候群の合併症と表現してもいい。そこから脱却できた人間だけが、ようやくマトモに米を取れるようになる。