たまには澤田もエンターテイナー

ノンフィクションライター澤田が、このブログではエンターテイナーになった気でいろいろ振る舞います。

情報商材を買うカネがあったら、野村克也の本を買え!

f:id:vascodagama38:20200211194824j:plain

 ノムさんは100歳まで生きると確信していたから、今回の訃報はショックだ。

物書きとしての澤田は、ノムさんからも絶大な影響を受けている。

ビジネスパーソンに人気の高いノムさんの本だけど、それは物書きにとっても同じだ。てか、TwitterやらnoteやらBrainやらで「コネなしから月収ウン百万円!」と煽る情報商材よりもノムさんの著書を読んだほうが、何億倍も身になると澤田は考えている。

 とくにノムさんが何度も書いていた、

・努力に即効性はない

・ひたすら考える

このふたつの要素は常に心掛けているつもりだ。

 

南海に入団した頃のノムさんは、契約金ゼロのテスト生だった。

いや、それどころか本人は「臨時雇いのブルペンキャッチャー」と言っていたから、ルーキー時代の待遇は最悪だ。

それが結果的には22年も南海の正捕手に君臨し続けた。ノムさん以外に一軍で100試合以上出場したのは、ノムさんの前の正捕手の松井淳と「弟子初号機」柴田猛だけ。しかも柴田は、ノムさんと全く同じ発想の捕手だった。

「どうやったらプロ野球の世界の中で生き残れるか」ということを徹底的に考えた結果、ノムさんのプレースタイルを超える選手はついに現れなかったということだ。

ノムさんの本を読んだ澤田は、「プロ野球選手とWeb物書きはそっくりどころか殆ど同じじゃねぇか!」と確信した。

物書きも常にサバイバルを強いられる商売。

ノムさんは何よりも、「自分たちで考える」ことを優先させる。ID野球はそのテンプレートを配って、一字一句そっくり実行に移させるという性質のものではない。「これこれこういうデータがある。その先はお前が考えろ」がID野球だ。

つまり、「ここをこうすれば必ず勝利できる」というわけじゃないということだね。

ある意味で、現代人の好みと逆行しているプロセスだと思う。

現代人は、できるだけ早く結果を求めたがる。自分が考えることすら面倒で時間がかかるからやりたがらない。誰かが既にパッケージ化した成果をカネで買おうとする。

だから、情報商材がよく売れる。

 

仮に、その情報商材のおかげで大金を手にしたとしようか。けれど、それは間違いなく一過性だ。次は絶対に来ない。

澤田が物書きとして成り上がったのは「奇跡」だと、以前にも書いた。けれどそれは「ただの男がWebメディアで書くようになった過程」の話だけであって、「物書きになったあとのサバイバル」は己の知識と身の振る舞いに頼るしかない。そのあたりは「奇跡」ではどうにもならない。

プロ野球の球団にドラフト指名されるのは、運の要素もあるだろう。問題はその先、年俸何百万円の育成選手になったあとは嫌でも己の脳みそで「サバイバルの方法」を思案しなければならない。

ID野球は、確かに面倒くさい。

けれど、それを身につけたら一生モノの財産になる。

だから、情報商材なんか買うカネがあったら、ノムさんの本を買おう。

あんふぁんWebの件が澤田にも飛び火か?

f:id:vascodagama38:20200211010441p:plain
澤田が一昨年書いたこの記事が、今このタイミングでPVを集めている。

sawada.hateblo.jp

要はあんふぁんWebでの一件を、とあるワイドショーが別の件とごちゃ混ぜに報道したから澤田のブログにもその影響が出たっつーことだ。

「別の件」とはもちろん、It Mamaのキャベツ解熱法のこと。

それぞれの件につながりは全くないんだから、無理やり束ねて報道するのはやめてほしいんだけどね。

 

あんふぁんWebで記事を書いてた他のライターが気の毒だ。

この人たちにとっては、今回の件はとばっちり以外の何ものでもない。

ライターが他のライターの記事を配信前にチェックする、というのはできない。それは明確な越権行為で、ライターというのは編集部全体から見れば一番下の立場。記事のチェックは編集部員の役割だ。

そもそも「ライターがほかのライターの記事をチェックする」ということを許せば、ライター同士のヒエラルキーができてしまう可能性が出てくる。だからこそ、編集部員の責任は重大。いい編集部員に巡り合えたら本当に幸運で、中には「こいつの目は節穴か!?」と言いたくなるような編集部員もいる。誰とは言わんけど。

だから今回のあんふぁんWebの件は、

1.ライターの中に疑似科学を信じている人がいた

2.編集部がそのライターのトンデモ記事を見落としてしまった

という2つの要素が絡み合って炎上に至ったのだと、澤田は認識している。

言い換えれば、該当の記事とは全く関係のないライターには一切非はないということだ。

この人たちのことまで「トンデモライター」と指差すのは間違っている。

 

それにしても、「自然派ママ」の闇はかなり深いと澤田は改めて感じている。

抗生物質とワクチンは「製薬会社の陰謀」で、子供の健康を害する薬物だ。だからワクチンは打たないし、抗生物質にも頼らない。自然と共に生活するのが一番だ――。

断言するけれど、人間は「自然と共に生活」していたら多産多死になってしまう。

澤田の母方の祖母は、兄弟姉妹が10人くらいいたそうだ。ところが、その中で成人できたのはたったのふたり。うちひとりが澤田の祖母、もうひとりが大伯父で、彼の孫が澤田よりも3つ上だったかな?

ともかく、昔はそんな具合に「たくさん産んでたくさん死なせる」が当たり前だった。いや、乳児死亡率が高かったからその分だけ産まなきゃ家を存続させられなかった。

人類が多産多死のスパイラルからようやく抜け出せたのは、抗生物質とワクチンが登場してからだ。そう考えると、フレミング博士は人類史上トップクラスの偉人だと思う。

にもかかわらず「抗生物質は身体に悪い。ホメオパシーに公的保険適応すべき」なんて言い出すのは、実は現代医学の恩恵を隅から隅まで享受している証拠でもある。

結核も梅毒も天然痘もペストも恐れるに値しない病気になった。

人間の寿命は、明らかに延びている。それを「ナチュラルじゃない」という理由で否定するのなら、その人にかける言葉はもうない。

Origamiと六本木ヒルズ

f:id:vascodagama38:20200210234129p:plain
Origami Payを運営していたOrigamiは、いわゆる「ヒルズ族」だった。

それが最終的には悲惨過ぎる最期を迎えた。

1株1円。それが全259株。

要はそうなるだけの負債を抱えている、ということで間違いはないと思う。

で、この件についてヒデヨシさんはこう書いている。

oreno-yuigon.hatenablog.com

オリガミの2018年12月期の売上高は2億2千万円で、営業赤字は25億円。

そんなオリガミのオフィスは六本木ヒルズの31階で、賃料は3億円前後だと言われていた。

オリガミの経営が危うくなったのはスマホ決済の競争激化による消耗が大きいのだろう。

もっと伸びると思っていた事業が想定よりも儲からなかったのは経営の難しいところだ。

しかしながら、事業規模に見合わない採用増加やオフィス賃料の負担も大きなコストとしてのしかかっていたのではないだろうか。

本業がそれほど儲かっていないうちから賃料がクソ高い六本木ヒルズに引っ越した康井社長に、

見栄を張りたい気持ち

がなかったとは言えないだろう。

この意見に、澤田は全面的に賛成する。

ただ、経営陣の「見栄を張りたい気持ち」よりも、今現在のオンラインビジネスのトレンドを把握してなかったんだろうなということを澤田は感じた。

「オンライン」とは、どういうことか。世界のどこにいても同質の仕事ができる環境を指す、と澤田は勝手に定義づけている。つまり、本社オフィスが六本木ヒルズである必要はまったくない。

むしろ、不動産価格の高い首都は避けたほうがいい。

これはフランスのパリなんかが深刻らしいんだけど、なんでパリの会社員はみんなコワーキングスペースへ行くのか。ある人から聞いた話によると、「行かざるを得ない」らしい。

外国人がパリの土地を買いまくるせいで、資金力のない中小企業ごときでは大きなオフィスを借りることができなくなる。職場が小さいもんだから、いつも誰かが席を空けないとやっていけない、というわけだ。

「お前、そろそろコワーキングスペースに行け」と上司に追い立てられるという。

それに加え、どこの国の政府も有望なスタートアップはできれば地方都市に腰を据えてほしい、という思惑を持っている。

都市部と地方部の経済格差を望んでいる政治家はいない。

日本だって、少子高齢化の波が地方都市に押し寄せている。余程の馬鹿でない限り、若い世代の率いる新興企業の存在を拒むことはしないはずだ。

 

いくら可能性があるとはいえ、スタートアップが六本木ヒルズにオフィスを持つという発想は、15年前の古いものだ。

スマホと4G、そして5Gは新興企業を「都会から地方へ」という方向に導こうとしている。

今後、5Gが整備されれば東京に本社オフィスを構える必要性が薄れるはずだ。そのほうが、クラウドワークを普遍化させようという昨今の動きとも合致する。

そう考えると、5Gの登場で伸びる企業と脱落する企業がまた出てくるんじゃねえか。

情報商材を買っている限り、絶対にその提供者よりも稼げない

f:id:vascodagama38:20200210023552p:plain
語学力を身につければ、恐ろしくカネになることは間違いない。

澤田の下手くそかつ不完全なインドネシア語ですらも、カネになっている。

英語以外の外国語をある程度読めるようになり、そこから現地のスタートアップや「どんなビジネスが流行しているか」ということを翻訳してそれを日本語の記事に書けば、買ってくれるところは必ずある。

このあたり、まさに「隙間産業」と呼べるものなのかもしれない。

 

たったそれだけのことなのに、大衆は図書館に通って語学を学ぶよりも情報商材を買おうとする。

なぜか?

簡単な話で、外国語をある程度でも覚えることは時間がかかるからだ。

語学習得とは即ち、半年ないし1年先を見越すことでもある。けれど、そんなことをするのは面倒くさい。だったら1記事1万円払って、手っ取り早く「スキル」を身につけよう。情報商材を提供する側も「この記事を読めばすぐに成果を得られる!」と公言している。

けれど、というより案の定、「素人でもできる仕事」は単価が物凄く安い。

「誰でもできる」というのはその分だけライバルが多いということだ。ライバルが多いと、ひとりアタマの報酬も少なくなる。これは自然の摂理としか表現できない。

だからこそ、澤田はインドネシア語で十分稼いでいる。

「どうしてインドネシア語? そんな言葉、役に立つの?」

今まで、何度そう言われたことか。「インドネシア語習ってるの? 凄い!」と言われた記憶は殆どない。

モンゴル語でもいいし、バスク語でもいいし、ルーマニア語でもいいし、ゾンカ語でもいい。とにかく、英語ではないマイナー言語を覚えたら世界の景色は絶対に変わる。

もう一度書くけど、それがかなりのカネを呼び込むことは間違いない。

 

情報商材の提供者は、自分より能力のある人間、言い換えれば自分より稼げる人間の登場を望まない。

当たり前だ。そんな奴が出てきたら、己の食い扶持がなくなるんだから。もっと具体的に書くと、情報商材という虚構が完全に見破られて打破される。

澤田は、既に「ネットでビジネス」を実行している。それで米を取っている。いざ自分がそうなってみると、結局は地道で時間のかかる方法でしかカネを生み出すスキルを開発できないと分かってしまった。

いや、「ネットでビジネス」という聞き慣れた言葉すらも実は正確ではないということすら判明する。

澤田は己のビジネスをするのに、たまたまネットを介しているに過ぎない。もしも大工の才能に恵まれていることが分かったら、明日からでもネットじゃなくて金槌とカンナで仕事をする。ネットなんてものは道具に過ぎない。

どうしてみんな、道具を唯一神のように崇め奉るのか。そしてそんなことを煽る人間を信じるのか。そのあたり、澤田は理解できない。

Origami Payがメルペイに統合!

f:id:vascodagama38:20190706014450p:plain

Origami  Payのメルペイへの統合は、実は物凄い成り行きだったことが分かった。

Origamiの株を1株1円×259万株でメルカリが買ったそうだ。

diamond.jp

「パイオニアの悲劇」という言葉がある。

コロンブス、モンテコルヴィーノ、平将門三好長慶、たま号。のちの大偉業や改革に先行する業績を達成して見せたのに、結局は存在を忘れ去られてしまう。どんな分野も、パイオニアは辛いポジションだ。

 

QRコード決済は、大衆から怒りを買っている。

そう書くと少々オーバーかな? けれど、増え過ぎたQRコード決済銘柄に対しては辛辣な意見のほうが多い。しかも、技術的には難しくないはずのQRコードの統一が企業都合で未だ達成されていない。

Origami Payは結局、QRコード決済乱立に飽き飽きした大衆の怒りを真っ向から被った……というのが澤田の見解だ。誰かに直接「Origami Payなんていらない!」と言われたわけじゃない。けれど、大衆の「QRコード決済が乱立し過ぎて草」という率直な感想は「これ以上新しい銘柄はいらない。むしろ今より数を減らせ」ということであって、そうなると結局は基礎体力のない銘柄が潰れていく。

PayPayやら楽天ペイやらd払いやらは後発組なのに、連中は巨大資本が生み出した作品だから図体は大きい。図体が大きいと、他にいろいろなことができる。そもそも、日本に限らず世界のキャッシュレス決済アプリはスーパーアプリ化していくのが自然の流れ。そうなれない銘柄は潰れるか吸収されるかの二択しかない。

そう考えると、Origamiって可哀想な会社だよね。使い勝手は結構良かったのに。澤田も度々使ってたんだよ。

「平凡」から逃れた先にある情報商材

f:id:vascodagama38:20200203211104p:plain
人間は、平凡を嫌う。これは今に始まったことではなく、昔からそういう性質をヒトは持っている。

第1回十字軍が編成される直前、隠者ピエールという男があちこちで演説し回った。「聖地を異教徒から奪還しよう!」。あまりに見事な演説だったらしく、そこらの農村の住民がピエールの後に続いて聖地に旅立った。この「民衆十字軍」は、旅先のあちこちの集落を略奪しまくりながらエルサレムを目指すんだけど、案の定途中でマムルークに殺された。生きて故郷に帰ったのは、ほんの一握り。11世紀末の話だ。

何でただの農民(もちろん、字の読み書きなんかできない連中)がそんな壮大な旅に参加したか。

世紀末の度に「世界の終末が近づいている!」と騒ぐ奴が出てくるのは100年に一度の定番なんだけれど、それ以上に当時の農民も「ごく平凡な暮らし」から逃れたい気持ちがあったからじゃないかと澤田は考えている。

 

高収入ではないけれど、親から引き継げるだけの家業がある。その仕事に従事すれば、盆暮れ正月以外は旅行に行けない代わりに配偶者と子供2人くらいは養えるだけの年収を得ることができる。

その仕事は、特段難しい内容というわけではない。ぶっちゃけ、誰でもできる。

これを「羨ましい」と取るか、「退屈」と取るか。

あくまでも澤田の独断と偏見だけど、後者の考えに至る人が数として多いんじゃないか、と思う。

少なくとも、ネットのキラキラに憧れて嫉妬する人の大半が「平凡な人」だ。これは貶してるわけじゃない。「平凡」であることは、本来なら素晴らしいことだ。誰もが平凡な生活を送れない国は、即ちカオスな状況の国だ。

ところが、万民が平凡な生活を送れる時代になると、ヒトにはそれに反抗する心理が働くようだ。

「自分はこんな平凡な一生を貫きたくない!」

一度そう考えてしまった人間は、できるだけ手っ取り早く平凡から脱却できる方法を探し始める。

本当の天才は、何かしらの事柄で成功するのに「できるだけ手っ取り早く」などということは思案しないのに。

 

というわけで、「誰でも簡単に大儲け!」と言って集客している情報商材には要注意。いや、むしろ避けるべきだ。

貴方と同じように、できるだけ手っ取り早く稼ぎたいと思ってる人は大勢いる。だから結局はパイの奪い合いになる。もちろん情報商材の提供者は「先行者有利」「早い者勝ち」という文言で貴方を誘うだろうけれど、貴方以外の誰かが「先行者有利」と言ってる時点でその分野は既に先行者が群れを作っている。貴方は間違いなく後発組だ。絶対に先行者には勝てない。

澤田がWeb物書きを始めた頃は、まさかスマホにニュース記事が直接(要はブラウザやアプリを通さず)配信される近未来になるとは誰も考えていなかった。いや、その分野のデベロッパーは考えていただろうけれど、少なくとも一般人は「Web記事はPCで見るもの」と考えていた。それが当たり前だった。

その「当たり前」が大変化したのは、澤田にとっては奇跡以外の何ものでもない。だから澤田は先行者になることができた。自分ではどうにもできない、奇跡という要素のおかげで。

奇跡はいつ起きるか分からない。けれど、意外な人物が意外な形で奇跡を運んでくることが多々ある。

だからこそ、常日頃から他人を馬鹿にしてはいけない。

「情報商材屋」に新しいプラットフォームが食い尽くされる恐怖

f:id:vascodagama38:20190824183112p:plain


昔、バディ・ロジャースというプロレスラーがいて、こいつがまた評判の悪い男だった。

抜群のエンターテイメント性を持っていたけれど、ブルーノ・サンマルチノ曰く「奴のやり方はショットガンのようなものだ。そのテリトリーを散々荒らしたら、そのまま次のテリトリーに移ってしまう」とのことだ。

他のレスラーへのお膳立てをしないまま、当地のプロレス人気が下火になるまで荒稼ぎをしていたということだね。

それでもロジャースは、大衆にエンターテイメントとしての付加価値を提供していた分まだ立派だ。

ウェブの世界では、一時の幸福すらも生み出さない「稼ぐ方法」を売りまくって、せっかくの新しいオンラインプラットフォームを食い荒らす奴らがゴマンといる。

 

YouTube、note、VALU、そしてBrain。発想としては悪くないプラットフォームのはずなのに、なぜか最盛期に集まってくるのは「コネなし素人が月ウン十万稼ぐ方法」を切り売りする情報商材屋だ。

そういえば、ユーザーを増やせば報酬をもらえるTSUというSNSもあった。

新しいプラットフォームを一から育てよう、などということは情報商材屋は露ほどにも考えていない。最盛期が過ぎたら、つまり可食部がなくなったら別の新興プラットフォームを探してしゃぶり尽くすだけだ。

これが「ネットでビジネス」の真実だ。せっかく知恵を巡らせ汗を流して完成したプラットフォームが、シロアリのような集団に徐々にパーツを切り取られていく。

「本当にそれでいいのか?」

澤田がそう問いかけても、無駄だろう。彼らにとってのウェブ世界とは、リアル世界の不満をぶつけつつ小遣い稼ぎの願望も叶えてくれる都合の良い存在に過ぎない。

だからこの言葉は、Brainの運営に向けるつもりだ。

「本当にそれでいいのか?」