たまには澤田もエンターテイナー

ノンフィクションライター澤田が、このブログではエンターテイナーになった気でいろいろ振る舞います。

静岡市のMaaSは、多分失敗する

f:id:vascodagama38:20190721011113p:plain
最近、静岡市役所に度々足を運ぶようになった。

目的は交通政策課。もちろん、向こうにとって自分が厄介な客だとは重々承知している。

それを踏まえて言わせてもらったんだけれど、静岡鉄道と静岡市が一緒になってやってるMaaSとAI相乗りタクシーの事業は、失敗する可能性が高い。

www.nikkei.com

まず、この計画は今年から4年かけて実用化するという代物であるということ。

4年だよ、4年。普通に考えて、2023年まで待たないといけないってことだよね?

その間にViaやらGrabやらWhimやらの黒船がやって来る、ということはまるで考慮に入れてない。交通政策課の職員もそういうことを微塵と思案していない。

なのに、今の時点でさえ静岡市役所の受付の職員に「MaaSを担当してる部署ってどこ?」と聞いても「まぁす?」と返される始末。担当部署の人間以外にMaaSを知ってる人が皆無だ。もちろん、一般の静岡市民は尚更。

なのに担当職員は、

「これからだんだんと周知させていきます」

と、呑気なことを言っている。次の実証実験は10月にやるはずなのに、その周知すらしていない。

ふざけてんのかな?

 

現状の日本人の大半は「MaaS」という単語を知らない上、ライドシェアの便利さを味わったこともない。だから、それがこれからの地球上での生活にとって必要不可欠なものだという意識もない。

せめて乗車前決済のできる配車プラットフォームだけでも今年中にローンチすればいいのに(今はまだ相乗りにこだわる必要はない)、いつまでも調査調査調査調査調査調査調査試験試験試験試験試験試験試験でずるずる長引かせて、ようやくローンチした頃には既に外資が進出してるという状態。そういや静岡空港LCCを誘致しようという時も、何年も地元住民対象の聞き取り調査をやってたっけ。まあ、これは静岡市じゃなくて静岡県の話だけど。

とりあえず何らかのプラットフォームを出しておいて、後からアップデートという形で機能を付け加えるという発想がないんだな、恐らく。

正直、これだったら外資を連れてきた方が早いって誰でも考えるよ。

 

「少年革命家」を見て、澤田はいよいよ焦り出す

f:id:vascodagama38:20190719000313p:plain
三十路も半ばを迎えようとしている最中、ちょっと慌てている。

理由は、読書の時間がすっかり取れなくなったからだ。

20代の頃は毎日本屋と図書館に通っていたから、その分だけ読書量は確保されていた。ところが、下手に物書きとしての仕事に恵まれた今ではなかなか読書の時間が取れない。

だいぶ焦っている。

こういう気持ちになったのは、例の「少年革命家」の影響もある。

 

不登校であることは、別に悪いことではない。不登校になる理由もいらないと澤田は思う。

ただし、子供にはやっぱり学問が必要だ。少年革命家の父親の何が腹立たしいかというと、彼は「学問の習得」すらも否定しているようにしか見えないからだ。

一番手っ取り早い「学問の習得」は、読書。それに限る。

極端な話、人生を生き抜く上で必要なスキルは読解力と語彙力だけだと思う。それ以外に必要ない、というのは言い過ぎか。いや、澤田は本気でそう考えている。

ところが、読解力も語彙力も学問を積まないと身につかない。

これは鉄のようなもので、熱して叩いて研いでいればピカピカの状態を保つことができるけれど、放っておいたらどんどん錆びていく。「ググればええやん」という問題ではないことは確か。ググらずとも即座に唯一無二の言葉を捻り出すには、読書の積み重ねが絶対に必要だ。

 

それが分かっているから、澤田は焦っている。

10代の頃の澤田は、幸いにして本を勧めてくれる大人が存在した。物書きの師匠の小野勝也博士だ。この人は岩波の文庫や新書だけじゃなく、「朝日と産経を読み比べなさい」と言ってくれた。「どちらが正しいか」じゃなくて、視点の違いが報じ方の違いになっていることを小野博士は教えてくれていたわけだ。

スマホではそれができない。だから、紙の新聞が置いてある図書館はものすごくありがたい。

ところが、その図書館に通う時間すらもすっかり取れなくなっている。

このままじゃまずい、という危機感はしっかり認識しているつもりだ。

7pay騒動で肝を冷やした澤田

f:id:vascodagama38:20190706014450p:plain

幸いにも、澤田は7payを利用していなかった。とりあえず試しに使ってみようかとも考えていたから、危なかったね。

今の時点で、「どこがどう脆弱だったのか」という具体的な発表は公式からはない。もっとも、あの記者会見を見た限りでは「脆弱性に関する具体的な発表」というのも期待できないんだけど。次の記者会見でも「お客様にご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ございません」という謝罪の文言でお茶を濁すんじゃねぇのかな、と邪推している。

それはともかく。

先月、澤田は静岡市の公営施設でQRコード決済講座をやった。事前にそこの施設長と話し合って、QRコード決済のメリットだけじゃなくて脆弱性に関しても解説した方がいいんじゃないかということになり、去年のPayPay不正利用について受講者に説明した。

結局、どの銘柄を使うにしても「もし何か起こったら」ということを想定した方がいい。

不正利用があった場合の補償額は、各社によってまちまちだ。このあたり、事前にチェックしておいて損はない。

てか、そのうち国から補償額についてのガイドラインが出るんじゃねえのかな? QRコードを一括化をするのなら、補償額だって一括化しないとアレだしね。

渋谷のコギャルが支えたモバイル技術

f:id:vascodagama38:20190630155556p:plain

昔、藤井みほな先生が『GALS!』という漫画を連載していて、アニメにもなった。

 モバイルテクノロジー分野のネタで記事を書いてる物書きは、この漫画を読み返してみよう。

GALS!はミレニアム前後の時代で、その頃は日本のモバイルテクノロジーの絶頂期だった。

女性高生が携帯電話を所有していて、彼女たちを満足させるための内蔵機能やプラットフォームも用意されていた。

どの端末にもカメラがあるのが当たり前になってきた頃だし、画面も白黒からカラーになったし、音楽も聴けるようになったし、果てはフィットネストラッカーまで実装するようになった。日本のモバイルテクノロジーの独自発展は、その後魔法のiらんどが巻き起こした「ケータイ小説」ブームまで続く。

ちなみに、GALS!連載時はこんな製品も開発された。

k-tai.watch.impress.co.jp

ところが、2019年の今では日本のモバイル分野は全く振るわない状況だ。

ブログにも書いたけど、G20のテクノロジー展示ブースにモバイル関連のものは殆ど出てこなかった。いや、皆無と言ってもいい。

ブースに出てきたのは高齢者介護に向けたものが妙に多くて、逆に若い女の子が使うことを想定した製品やプラットフォームはひとつもなかった。

「あの頃は良かった」と言いたいわけじゃない。つまり、この分野で日本企業は中国や韓国にタメを張ることすらできなくなったということだ。

今の日本の女子高生は、中国メイトゥの美顔アプリでキャッキャワイワイしている。

この状況の深刻さを、ミレニアムの頃には既に中年だった世代の人間は意識した方がいい。

やっぱりG20のテクノロジーブースは「スマホを使って何かするもの」が皆無だった件

昨日、澤田はこういうことを書いた。

ロボットとかiPS細胞とかロケットとか、まあいろいろあったんだけど、よく見たら「スマホアプリを使って何かする製品」が皆無だったんだよなぁ。

ただ、この記事を配信した後にやっぱり気になってもう一度会場を見渡してみた。

スマホに検出結果を反映させる製品」や「スマホで製品本体を操作できる製品」は出展されていた。たとえばこれは、介護対象者の尿意を感知するデバイス。尿意が迫ったら、それを家族のスマホに通知する。

f:id:vascodagama38:20190629110750j:plain

確かに、これはこれで凄い。

けれどこの製品は、「スマホアプリを使って何かするもの」ではないんだよ。いやまあ、単に言い方の問題なのかもしれないけれど。

スマホを使ってラジコンのように操作できる乗り物」もあったんだけど、2019年のテクノロジージャーナリストが求めているのはそういうものじゃない。「Google Mapでピックアップ地点を指定したら、自動運転でそこまで来てくれる乗り物」を求めている。

それにはビッグデータをうまいこと管理する大胆かつ緻密なスキルが必要だし、道交法との折り合いを考えてくれる法律の専門家も確保しなきゃならない。

で、そういうことを瞬時にできる体制(というより環境)が、日系企業にはないんじゃないかと澤田は邪推している。

G20のテクノロジーブースは「日系テクノロジー企業の弱点」がモロ見えだった

G20の会場でこの記事を書いてます。

3年前の伊勢志摩サミットもそうだったんだけど、国際メディアセンターはある種の見本市みたいになっていて、テクノロジー分野の企業ブースもある。

f:id:vascodagama38:20190628203134j:plain

ロボットとかiPS細胞とかロケットとか、まあいろいろあったんだけど、よく見たら「スマホアプリを使って何かする製品」が皆無だったんだよなぁ。

要するに、一般人がスマホを使ってあれこれするサービスに関しては日本は完全に出遅れてる、というより苦手分野だっつーのは理解できた。これが中国だったら、「新しい形のライドシェア」とかがブース出展するんじゃねぇか?

主催者(日本政府)は「メイド・イン・ジャパンの技術の凄さ」を披露するつもりでこういうブースを出したんだと思うけれど、澤田から見れば「便利なアプリを創出できない」日系企業の弱い部分がまざまざと浮き出ている。

それに思い返してみたら、10年前までモバイルテクノロジー分野は日本のお家芸だったじゃないか。2000年代前半から半ばまでは、ノキアが企画中だったサービスの大半が日本で既に実現しているような状態だった。それが何で「苦手分野」になっちまったんだ。

「日本の底力」を宣伝する前に、まずは「10年間の衰退」について考えた方がいい。

 

一方で、料理は良かった。

G20のメディアセンターでは記者向けの料理が無料提供されてるんだけど、西日本の物産を使ったメニューがバイキング形式で並ぶ。それに関しては、日刊SPAで記事にした。

nikkan-spa.jp

日本産の清酒やワインのコーナーもある。この辺に関して文句を言う記者は、あまりいないんじゃないか。

そういえば東南アジアでも、現地進出の日系企業の中で特に好調なのは飲食分野だ。10年前まではあれだけ得意だったモバイル分野は少しずつ衰退しているけれど、飲食分野は絶好調。その様子はG20の企業ブースでも窺い知ることができた。

そういう意味で、今回の大阪G20は「日本を現状を表した国際イベント」だと思う。

人生初の講座を終えて感じたこと

f:id:vascodagama38:20190604181705j:plain

澤田の人生で初めて、他人様に教える側に回ったのは貴重な経験だった。

その中で課題も見えてきた。

まず、今回のテーマは「QRコード決済という概念」についてだったんだけど、その講座に集まったのは全員スマホビギナー。まあ、この辺は想定していたことだった。

で、スマホの使い方をはっきり把握していない人は、自分がGoogleアカウントを作っているかどうかも意識していない場合が殆どだということが分かった。Android端末でアプリをダウンロードしているんだからGoogleアカウントはあるはずなんだけど、「それって何です?」と返されてしまう。

端的に言えば、スマホビギナーに対して「QRコード決済」はあまりに高い壁だった。「何か質問ありますか?」と聞いたら、全員無言だった。

恐らく、いや間違いなく、澤田と受講者の間にはいくつもの高い「概念の壁」がある。そんな状況でQRコード決済講座は、はっきり言ってレベルに合わない難易度設定だった。

まずは「GAFAの提供するアカウント認証サービス」という壁から乗り越えないといけない。

 

GAFAで己のアカウントを作るということは、個人情報をGAFAに預けるという意味で、しかもそれを各々のスマホに反映させるという意味だ。

今回の講座の受講者が特に注目してくれたのは、以下のくだりだ。

東西冷戦時代の工業製品は、誰が使っても同じ性能を発揮した。岸信介だろうが池田勇人だろうが佐藤栄作だろうが長嶋茂雄だろうが王貞治だろうが力道山だろうがジャイアント馬場だろうが、正しい使い方をすればトランジスタラジオは等しく稼働する。

ところが、スマホは違う。個々の性質や思惑がはっきりと反映されてしまう。そしてそれに応じて、発揮されるパフォーマンスに差が出てくる。

結局、このあたりをもっと掘り下げて分かりやすく解説しないと、QRコード決済以前の問題になってくるわけだ。

ただし、「概念の壁を乗り越えないと使い方を教えても飲み込んでくれない」という澤田のある種の確信は、決して間違ってないと思う。